息子と二人で夏の広島旅行を漫喫

夏に中学1年生の息子と二人で広島に旅行をしてきました。
移動方法は新幹線のぞみで、乗車駅は新横浜からでした。
割と朝早い便だったのですが、横浜名物のシウマイ弁当を買うことも出来て、新幹線の車内で親子二人でそれを朝ごはんにして電車の旅を楽しむことが出来ました。
新幹線と宿の予約はJR東海ツアーズのサイトから行いました。宿付きでこの料金はありえないというくらいにお得なプランが目白押しなので、東海道新幹線を利用する宿泊を伴う旅であったら、一度サイトを見てみることをおすすめしたいです。
私達の旅行は3泊4日で、宿泊先はリーガロイヤルホテル、朝食付きプランでした。普段の出張などで泊まるホテルよりもワンランク上のホテルに泊まることとなりましたが、子供と一緒の旅も何時まで出来るのかわからないので、ちょっとだけ張り込んでみました。
初日は広島についてから市電でホテルまで移動し、大きな荷物を預けた後で原爆資料館〜原爆ドームを巡ってきました。やはり広島に行ったら原爆関連の展示は見ておかなければならないと思います。息子がこれから大きくなって暮らしていく世界が戦争という悲惨に覆われることなく、平和であるようにとの願いもそこにはこめられていました。息子はかなりショックを受けたようで資料館の展示を見た跡は少し無口になっていましたが、その後の夕食で美味しい広島焼きを食べることが出来て、そこですっかり元通りのハイテンションに戻っていました。
二日目は宮島を観光してきました。ホテルの前から広電に乗って宮島口まで移動したのですが、市内の景色がよく見えて、あと海沿いを走るときがとても爽快で、非常に良い移動の時間でした。宮島口からはフェリーで宮島まで移動して、まず最初に厳島神社に訪れました。息子も厳島神社の光景の美しさに心を奪われたようで、旅行から返ってきた跡も「あの景色はとても素晴らしかった」と何度も繰り返し行っています。その後はロープウェイで山を登ったり、揚げもみじ饅頭を食べたりして宮島での一日を満喫することが出来ました。
3日目はちょっと足を伸ばして尾道に日帰りで行ってきました。何かとても懐かしい昔の日本の景色が残っているような町並みで、これはあまり子供向けの場所ではなかったなと思いつつも、大人の自分はしっかり雰囲気を漫喫することができました。尾道ラーメンも非常に美味しかったです。
最終日は広島の締めくくりとして牡蠣のコース&締めに広島風つけ麺を食べて大満腹で帰郷しました。
全体的にとても楽しい旅でしたね。また行きたいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ